あなたは「やり残したことは、一切無い」と言えますか?

みな様

こんにちは

エレガンス コミュニケーション トレーナーの大堀明美です。

義父の残した言葉

やり残したことは、一切無い。

やりたいことは、すべてやった。

もう、思い残すことは無い。

行年91歳で大往生した義父の言葉です。志を持って幼児教育に生涯を捧げた義父。こんな言葉を残して逝った義父。

17日日曜日は、そんな義父を偲んでの3回忌の法事,、そして今日23日は命日でした。

福島の田舎から上京し、教員生活を経て念願の幼稚園を開園。どうなることかと思ったが、いざ開園すると、この辺に幼稚園がほしかったんだという地域住民の方達の声で、義父は更に思いを強くしたと聞いております。

これまでの苦労は、並大抵の苦労ではなかったと、義父を支えてきた義母から聞かされました。

人間、思い残すことは無いと言い切れる人生をどれだけの人が送っておられるでしょうか。

東北大震災で、日本人の価値観が変わったと言われています。

実は、私はその前年にステージ2Bの乳がんを宣告され、抗がん剤治療の真っ最中でした。乳がん宣告を受け、いやおうなしに「死」と直面していた時でした。

そして、東北大震災と、私自身も大きく価値観が変わりました。

人間、いつ「死」がやってくるかわからない。だったら、自分のやりたいように生きたいように生きよう!

あれから6年、髪の毛も生えて(笑)、今は再発もなく元気に頑張っています。

そうして、国家資格キャリアコンサルタントの資格をとり、多くの方のお役に立てればと願っております。

現在は、職場でのお悩み、キャリアのご相談をお受けしております。

「悔いのない人生を送る」ありきたりの言葉ですが、とても重いものですね。

このお話が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

「3か月で上司同僚そして部下の心を完全掌握。周りの評価が劇的に変わる!!40歳からのコミュニケーションスタイル」

コミュニケーション トレーナー

大堀明美

ご相談のお申し込みはこちらから



コメントを残す