あなたを満たす自己重要感って何?

みな様

こんにちは!

エレガンス コミュニケーション トレーナーの大堀明美です。

自己重要感

大地:「君は、断ろうと思ったら断れたはずなのに、なぜ引き受けたんだ?

美咲:「わたし、嬉しかったんです。こんなにもわたしを必要としてくれる人たちがいる・・・だから引き受けたんです。」

大事なこの時期に、最年長者の縫製従業員が倒れて入院した。昔から現在に至るまで「こはぜ屋」と共に生きてきた古株の熟練技術者だ。

「こはぜ屋」の大ピンチ。

ベテラン揃いの縫製課の中でも最年少の女性従業員の美咲に、

社長:「どうだ、君が代わりにやってみないか?」

ほかの社員:「そうだよ、あんたならやれる!仕事は遅いけれど間違ったことはしない、着実に仕事ができるようになってるって、(入院した)冨久子さんが言ってたよ!」

美咲:「そんな、わたしが冨久子さんの代わりなんて・・・・・」

みな口々に「できるよ!」「あんたならできる!」

そして美咲が古株の熟練技術者の代わりを引き受けることになった。

そして場面が変わり、冒頭のシーンとなります。

大地:「君は、断ろうと思ったら断れたはずなのに、なぜ引き受けたんだ?

美咲:「わたし、嬉しかったんです。こんなにもわたしを必要としてくれる人たちがいる・・・だから引き受けたんです。」

自分が必要とされていることを実感し、古株の熟練技術者の代わりを担うと決断したのです。

TBSテレビの日曜劇場「陸王」での1シーンです。ドラマの1シーンです。見どころはほかにもたくさんあったのですが。

前回に引き続き、ドラマのお話で申し訳ありませんが、とても良い例でしたので、引用させていただきました。

  

価値ある存在

人間の持つ感情のうちでもっとも強いものは、他人に認められることを渇望する気持ちである。・・・ウィリアム・ジェームズ(心理学の父)

人間には、いろいろな欲があるけれども
人は、自分自身のことを「価値ある存在」だと思っていたい

そして

人は他人からも自分のことを「価値ある存在」と認めてほしいと思っている

人の深層心理には、こうした欲求を生まれながらにして持っている

コミュニケーションを学ぶにあたって、わたしが一番最初に教わったことです。

専門用語で「自己重要感」(または「自己肯定感」)と言います。

人は、「自己重要感」を満たすために多くの努力をする

人は、「自己重要感」を満たすために多くの努力をします。

・ 勉強をして良い点数をとって、先生や親から褒めてもらう

・ 運動会で1位をとって、先生や親から褒めてもらう

・ 良い大学に入り、良い会社に就職する

・ 自己啓発で勉強をして資格を取る

・ 会社では、実績を上げて評価される

・ 勤勉で真面目に仕事に取り組み評価される

 同じ「自己重要感」の満たし方でも、こういうのもあります。

・ ファッションやブランドを身に着ける

・ ブランドの時計や高級車、外車を持つ

・ 豪邸に住む等々

さらには、こういうのもあります。

・ やたら自分の自慢話をする

・ 横柄な態度をとる

・ 病気で他人の同情をひく

・ 他人の噂話や批判、悪口を言う

これらはすべて、わたしを気にしてほしい、わたしを見てほしい、わたしを大事にしてほしいという「自己重要感」の表れと取れます。

表現の仕方は変われども、人間という生き物は

自分自身のことを「価値ある存在」だと思っていたい、他人からも自分のことを「価値ある存在」と認めてほしいと思っているんです。

わたしたちが人間関係を築いてゆくうえで、人の感情とはこういうものなんだという認識が必要です。

上司との関係がぎくしゃくしているあなたは、その上司の「自己重要感」を満たしてあげることによって、その関係はより良いものになるかもしれません。

「部長のおっしゃることは、いちいち的を得ていて、おっしゃる通りだと思っています。」

とか

「私が、まだ未熟者でご迷惑をおかけしますが、部長からは、これからも多くのことを学ばせていただきたいと思っています」

とか上司の「自己重要感」を満たすようなことを言ってみませんか。

嘘やおべっか、ごますりで言うのではなく、本当に上司の素晴らしいところや、尊敬の念を抱いていることとか良いところを見つけて、口に出してみましょう。

具体的には
・褒める
・認める
・ねぎらう
・励ます
・感謝する
のようなことです。

上司だけに限らず、先輩、同僚、後輩、あるいは家庭でご主人に、奥様に、子供に、自己重要感を満たすような声掛けをしましょう。

自分の良いところを、ちゃんと見てくれて、悪い気持ちになる人は少ない、むしろ、ほとんどの人は、嬉しく思い、あなたを好ましく思います。

そして、それが相手のモチベーションを上げるきっかけになったりするんですね。

それを見て、きっかけを作ってあげたあなたも、モチベーションが上がります。

そうして良い方向に循環してゆき、本当に人間関係がスムーズになります。

  

ぜひ、実践してみてくださいね。

今日のお話が、少しでもあなたのお役に立てればと願っております。

もしご友人で、このブログがお役に立てそうな方がいらっしゃいましたら、

ぜひ教えてあげて下さいね。

「3か月で上司同僚の心を完全掌握。周りの評価が劇的に変わる!!40歳からのエレガンスコミュニケーション術」

エレガンス コミュニケーション トレーナー

大堀明美

 

 

ご相談のお申し込みはこちらから



コメントを残す